「働き方改革」の目指すものとは?

働き方改革はどのようなゴールを目的としているのでしょうか?

働き方改革は働く方それぞれの事情に応じた多様な働き方を選択できる社会を実現し、働く方一人一人がより良い将来の展望を持てるようにすることを目指しています。

例えば子育てしているので働ける時間が限られている方には時短勤務が可能な事業所が増えれば活躍できる場が増えるかもしれません。

持病の関係で週に数日しか勤務できない方も週3勤務の常勤雇用が可能であれば専門性を活かして貢献できるかもしれません。

定年退職されたが時間も労働意欲もある方も再雇用先が数多くあれば経験を活かしたサポートが可能になるかもしれません。

企業側から見ても画一的な雇用形態を維持してこうした人材を逃すよりは就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが生産性を向上させるうえで重要となってきます。

働き方改革は法令の整備や助成金の交付を通じて投資やイノベーションによる生産性向上と共にこうした労働者の環境整備を進めることを目指しています。

千葉県 働き方改革 推進事業とは

千葉県「働き方改革」推進事業は、千葉県内の中小企業を対象に、各企業で実施される「働き方改革」への取組みを支援する千葉県の事業です。企業向けセミナーの開催や、専門家の派遣などを無料で実施しております。1社1社、専任のコーディネーターがお話を伺いながら、自社にあったセミナーや専門家をご紹介いたします。今後の経営革新や課題解決に、ぜひお役立てください。