企業の立場で見たときにテレワークを実施するメリットは何ですか?

従業員の立場では様々なメリットがありますが、企業側の立場でのメリットは何があるのか教えてください

企業から見たメリットは以下の点があります。
・従業員の満足度アップ
従業員側から見た場合、テレワーク(在宅勤務)を実施できれば単純に通勤時間がなくなり余暇に充てることができる時間が増えます。
その分を趣味やストレス発散にまわすことができるのでES(従業員満足度)を向上させることができます。

・働き方の多様性を認めていることで求職者が増える
求職者の観点で見ると、テレワーク環境があるなど就業環境に対する取り組みを行っている企業は従業員に対する福利厚生が手厚い企業であると認識されます。
また、テレワークが可能であれば従来より遠距離にある企業へも就業できるため、地方の企業としては都心部にいる優秀な人材を採用できる機会が増えることにもなります。

・先進的な取り組みとして対外的なアピールが可能
取引先から見ても、テレワークなど先進的な取り組みを行っている企業は新しい技術への感度が高く技術力があるように見えます。
新たなチャレンジを行っていることを対外的に知らせることで取引先の開拓にも好影響を与えられる可能性があります。

・事業所スペースの削減によるコスト圧縮
テレワークを常態化すると、従来の事業所スペースは不要となります。
一部資料の保管や対外的な対応が必要なため0にすることはなかなか難しいものの、執務室スペースを減らすことで固定費を圧縮しコスト削減につなげることが可能となります。

千葉県 働き方改革 推進事業とは

千葉県「働き方改革」推進事業は、千葉県内の中小企業を対象に、各企業で実施される「働き方改革」への取組みを支援する千葉県の事業です。企業向けセミナーの開催や、専門家の派遣などを無料で実施しております。1社1社、専任のコーディネーターがお話を伺いながら、自社にあったセミナーや専門家をご紹介いたします。今後の経営革新や課題解決に、ぜひお役立てください。