テレワーク導入支援では、どのような支援が受けられるのでしょうか?

テレワークを導入する意思はあるものの、導入ノウハウがないため業務に支障が出る可能性を払拭できず二の足を踏んでしまいます。
実施に伴い専門家の支援などを受けることはできるでしょうか?

主に以下のような内容を相談することができます。
・テレワークに適した業務の洗い出しやセキュリティ対策について
・労務管理の方法や就業規則の変更について など
派遣回数:テレワークの専門家3回・労務管理の専門家2回、計5回まで
テレワークの社内試行に必要な機器等の貸出

新規にテレワーク導入を希望する中小企業等を対象に専門家を派遣し、テレワークの社内試行を支援します。

テレワークは導入に失敗すると業務に直接的な支障が出てしまうため二の足を踏む企業も多いようです。
こうした企業を支援し、ノウハウを提供することで失敗する可能性を取り除くことがテレワーク導入支援の目的となります。

現状の整理や目的設定、必要な環境の確認と準備、トライアルの実施とステップを踏みながら実際のテレワークのイメージをつかみ、ゴールとして全社事業としてのテレワークへの取り組みを行えるようにすることが目的です。

千葉県「令和3年度働き方改革アドバイザー派遣及びテレワーク導入支援について」より
https://www.pref.chiba.lg.jp/koyou/worklifebalance/hatarakikata/r3hatarakikata.html

千葉県 働き方改革 推進事業とは

千葉県「働き方改革」推進事業は、千葉県内の中小企業を対象に、各企業で実施される「働き方改革」への取組みを支援する千葉県の事業です。企業向けセミナーの開催や、専門家の派遣などを無料で実施しております。1社1社、専任のコーディネーターがお話を伺いながら、自社にあったセミナーや専門家をご紹介いたします。今後の経営革新や課題解決に、ぜひお役立てください。